会社情報 IR情報 電子公告
トップ > 会社情報 / 沿革 お問い合せ サイトマップ
会社情報Company information
沿革
1907年2月 板紙の製造を目的として、岡山製紙株式会社を設立
1908年9月 本社工場に1号円網式抄紙機を新設し、板紙の製造販売を開始
1941年4月 天城板紙合資会社を吸収合併
1943年6月 共同紙器合資会社を吸収合併し、大阪工場、東京工場として、紙器事業を開始
1951年8月 東京工場閉鎖
1952年3月 本社工場に2号円網式抄紙機を新設
1959年4月 本社工場に3号円網式抄紙機を新設
1968年2月 3号抄紙機を長網式に改造
1970年6月 大阪工場を現在地に移転
1973年3月 加工工場を新設し、美粧段ボール事業を開始
1977年6月 2号抄紙機を廃棄(業界過剰設備対策)
1988年8月 2号円網式抄紙機を新設
1989年4月 自家発電設備を新設
1990年7月 N-3号長網式抄紙機を新設
1990年8月 社名を株式会社岡山製紙に変更
1993年1月 原質設備を更新
1998年9月 5号パルパー設備を新設
2000年12月 株式店頭上場
2002年5月 ISO14001認証取得
2002年12月 フレキソ印刷機を新設(スイス・ボブスト社製)
2005年5月 ISO9001認証取得
2006年11月 ガスタービン発電設備を新設
2011年12月 大阪営業所閉鎖
2013年7月 東京証券取引所と大阪証券取引所の統合に伴い、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に上場
ごあいさつ
会社概要
沿革
事業内容
営業体制
環境への取り組み
 フレキソ印刷
 ガスタービン発電設備
 高性能処理設備
周辺マップ
 
 
環境方針 品質方針 内部統制の基本方針 個人情報保護方針 免責事項